FC2ブログ
 

由井三小おやじの会東京都八王子市立由井第三小学校児童のお父さん達による「おやじの会」の活動を書いてます 

このページの記事目次 ( ← 2010年10月 → )

total 2 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://yui3oyz.blog14.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

プリウスはなぜ遅い?

   ↑  2010/10/20 (水)  カテゴリー: おやじたちの独り言
「勝手にブログ強化月間」としておきながら、ネタが尽きてしまったインチキクリエイターです。
今日はTwitterで「プリウスはなぜ遅い?」というお題をいただいたので、それをネタに「整いました~」
おやじ会と関係ないネタって声が聞こえてきそうですが、そんな雑食性も我がおやじ会の特徴かもしれませんwww

理由はいくつか考えられます。
1.エコカー補助金と減税のおかげでよく売れた。→車に興味のない人が単なる移動手段として購入。
2.CVT(のような変速機構)のおかげで、出だしがかったるい。
3.そもそも早く走りたい人は、プリウス(をはじめとするハイブリッドカー)を選ばない。→CR-Zはどうなのさ?

DSC00165.jpgが、もう一つ大きな理由があるように思います。「瞬間燃費計」です。左写真の右側、上下をリセットボタンに挟まれた棒グラフがそれです。(写真は初代エスティマ・ハイブリッドのもの)

つまり、いまリッター何キロで走っているかが一目瞭然、グラフの上り下がりに一喜一憂というか、グラフが下がると思わずアクセルを戻しちゃったりします。(そんなこともあるので、車間距離は十分にとりましょうね。)しかもその左側に1分ごとの燃費が表示されるという芸の細かさです。アクセルワークが如何に雑かなどということまで、分析できてしまいそうです。

下部には走行距離とトータルの燃費が表示されています。やはり数字が出れば、それを超えてみたくなるもの。そろりそろりとアクセルを踏んで、高燃費をたたき出してみたくなるものです。それが周りからみれば遅い、邪魔と思われることもあるでしょう。某ハイブリッド車の掲示板でその点が論争になったこともありました。

低速トルクのないシーケンシャルツインターボな車に乗っていると、時速40キロでは4速にするか3速のままにするか悩みどころだったりします。燃費をとるか、レスポンスをとるか。逆にCVTなハイブリッド車ではアクセル開度を一定に保つのが一番燃費がよかったりします。燃費グラフを見るとそれがよくわかります。このあたりが、ハイブリッド車が「ドライバーを教育する」と言われる所以です。

DSC01614.jpgハイブリッド車では、条件が揃えば、ほとんどエンジンを使わずに30分間走れちゃったりします。右の写真は富士吉田から大月まで一般道を走ったときに撮影しました。走行中の撮影なのでぶれてます。(←良い子はまねしないように)

何が言いたいのかというと、レスポンスよく楽しく走りたいと思うと燃費は悪化する。アクセル開度を一定に保ち燃費重視の走りをすると周りに顰蹙を買うかもしれないということ。そして、道路上にはそのどちらのタイプの車も存在し、ドライバーの考え方も様々ということ。ただ、どちらかというと、前者のような走り方をすると、何かあった場合に悪者にされやすいということは否定できません。

ゆっくり走っていれば事故は防げる、被害も少なくてすむと考える人は少なくありません。しかしながら、あまりにもマイペースな走りは事故を誘発する可能性があることも、気に留めておくべきだと思います。

ちなみに、プリウスという車自体は決して遅くありません。初代はちょっと・・・な所もありましたが。


スポンサーサイト

(記事編集) http://yui3oyz.blog14.fc2.com/blog-entry-97.html

2010/10/20 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

さつまいもスイーツ第3弾

   ↑  2010/10/11 (月)  カテゴリー: おやじたちの独り言
連休最終日、明日からまた会社かと思うと憂鬱ないんちきクリエイターです。10月は「勝手にBlog強化月間」です、が、いつまで続くやら・・・。

日曜日、娘とケーキを焼いてみました。おやじの料理ですから、ワイルド&エキサイティングです。言い換えれば、適当&手抜きです。娘とカミさんの不安げな顔が・・・。もちろん、先週掘ったさつまいもでクリームを作ります。

01_20101011222849.jpg
まず、メレンゲを作りますが、卵黄と卵白に分けるような面倒なことはしません。(←だから、正確にはメレンゲではない・・・)ボールに卵を割ってハンドミキサーで一気に泡立てます。一応、グラニュー糖は三回くらいに分けて加えます。「角が立つようになったら」の意味が分からないので、適当なところで切り上げて、まずバターをレンジでチンして溶かした後牛乳と混ぜたものを投入、次に薄力粉をぶっ込みよく混ぜ合わせます。

薄力粉は富澤商店で売ってるような高級な物でなく、スーパーで売ってる安物です。以前ケーキ用に日新のバイオレットを買っておいたのですが、使われてしまったので、台所にあった同社のフラワーで。要するにいちばん安物の薄力粉ですなぁ。一応振るいながら投入します。あ、あとバニラエッセンスを多めに入れました。オーブンを開けた時の甘い香りが好きなので。

次にオーブンで焼きます。cook padのレシピに170度位で3~40分と書いてあったので、180度で30分焼くことにしました。焼け具合は竹串を刺して確認します。温度を10度高くしたのは、なんとなく180の方がキリのいい数字に思えたからで特に意味はありませんが、焼き時間は40分弱でした。

クリームは、シェフのレシピを参考に、茹でたさつまいも約300gにコップ1杯の牛乳(約180cc)を加えて通販で買ったマジックブレッドデラックスで混ぜます。クリームにはさつまいも600g位使いました。こいつにもバニラエッセンスを振りかけておきます。リキュール類は買うと高いのでサクッと割愛。

02_20101011223210.jpg
混ざったら、鍋に移し火にかけて練ります。栗の甘露煮のシロップを加えて甘さを調節します。やや、甘さ控えめにしました。本当はもうちょっとシロップを足したかったのですが、シロップを入れすぎるとクリームがドロドロになってしまい、練り上げるのに時間がかかりそうだったので、甘さ控えめカロリーオフということにして時短です。火のそばにいると暑くなってきたのでクリームがまだ緩いような気がしましたが、「冷ませば平気」と自分に言い聞かせて撤収。どこまでも適当です。冷めてもクリームは軟らかくちょっと失敗。笑

そんなこんなでスポンジが焼き上がりますが、うちにはケーキクーラーなんてシャレた道具はありませんから、型から強引に取り出して、皿の上に放置です。焼き縮みなんてキニシナイ!!

クリームとスポンジの粗熱をとっている間に生クリームを作ります。一応ボールを重ねて氷水を入れて冷やしながらハンドミキサーで泡立てます。以前一度だけ手作業でやったことがありますが、やめた方がいいと学習しました。

材料が全部揃ったので、スポンジに生クリームを塗りさつまいもクリームを絞るのですが、これは子供たちが大好きな作業なので子供たちに任せます。当然見た目はアレです。オヤジがやるよりマシという指摘はごもっとも。最後に栗をごろごろっとのっけて出来上がり。

03_20101011223520.jpg
で、肝心のお味の方ですが、甘さ控えめにしたのが功を奏したのか、予想外に好評でした。甘さ控えめな分いつもより多く食べてしまいました。見た目は悪いですが写真晒しておきます。オヤジの料理はワイルド&エキサイティングなんです。

(記事編集) http://yui3oyz.blog14.fc2.com/blog-entry-96.html

2010/10/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

第二会議室

   ↑  2010/10/09 (土)  カテゴリー: おやじたちの独り言
最近自分のブログはほったらかしのいんちきクリエイターです。祝・1周年の記事が大好評(当社調べ)だったので続きを書かせてもらいます。WWW (大文字のwってどうなんでしょ?>ネット用語解説員様)

いつからか第二会議室と呼ばれるようになった「天一坊」ですが、理由は定例会の後にいつも行くから・・・だけではありません。むしろ、こちらの方が重要かも知れません(汗)

おやじ会の活動やイベントの重要な案件はここで決まる事が多いのです。ここで決まるというより、酒の勢いで言った事をおもしろがって実現してしまうと言った方が正確か・・・。以前にはこんな記事が投稿されています。

具体例を挙げると、運動会のリレーがそうです。話の流れ的には「最近運動不足で」とかそんな話から「運動しなきゃ」「スポーツイベントやろうか」→「運動会あるな」→「参加できないか?」「子供と対決しようぜ」「どうせなら挑戦状叩き付けて」「巻物に筆で書いた果たし状を会長が読み上げる」ってな具合に盛り上がっていったのではないかと・・・。記憶を一部脚色しつつ

そんな与太話が盛り上がって新聞記事にまでなってしまうわけです。

ただ、残念なのは、保護者の参加希望を募ろうって話が時間的な関係で実現できなかったことです。
実は「子供に負けたら全員土下座」っていう案もあったのですが、これもお昼休みの限られた時間ということで実現できませんでした。

お酒の席ですから、ここには書けないような(自粛)い話や、武勇伝もあります。また、様々な職業や生い立ちの方がいますから、話を聞くだけでも面白いです。前回、参加を躊躇したという話を書きましたが、今は第一歩を踏み出して本当に良かったと思っています。何物にも代え難い仲間と経験と思い出が増えています。

興味を持った方はゼヒ遊びに来てみて下さい。冷やかし大歓迎です。
右上のお問い合わせのタブをクリックしてメールフォームからご連絡下さい。

(記事編集) http://yui3oyz.blog14.fc2.com/blog-entry-95.html

2010/10/09 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

ネット用語解説

   ↑  2010/10/07 (木)  カテゴリー: パソコン・ネット関連
おやじ会と全然関係ない話ですが、皆さんは
ブログなどを閲覧している時、文章中に「w」や「orz」という
文字を見かけた事はありますか?

意味を知らないアナログおやじの為に、
インターネットの世界で使われる用語について解説します



これは笑った表現を示します。起源は全く知りませんが
某大型掲示板から発生した用語でしょう。

一般的には(笑)と文末に入れる事でニッコリした表現を使いますが、
ネットに入り浸っている人間にとっては少々硬い表現だったり、
(笑)=(冷笑)といった冷めた表現として扱われます。

wを連続して書く事により、笑いの度合いを表現しています
w→笑った。ww→すごく笑った。www→爆笑。
俗に「草を生やす」と呼ばれる表現方法です。

最大級の爆笑用語として「ちょwwwおまwwwww」「バロスwwwww
などの使用がありますが、いい年したおやじが使うには非常に危険な
表現なので、「おやじが使うwは3文字まで」を推奨致します。

orz


これはがっかりした表現を示します。
oの部分が頭、rが体、zが足となっており、全体を繋げると
人間がガックリと膝をついてうなだれているように見える事から
使用されています。

おやじ世代になると、この表現にピッタリな状況が頻出しがちですが
あまり乱用すると相当病んでいる人に見えてしまうので注意が必要です。


分かりましたか?
これらの用語は英語でいうところのスラングに近いので
間違ってもビジネスメールで使用しないように注意しましょう。
ではまたどこかで



・・・っていう徹夜仕事してる最中の現実逃避的な投稿orz

(記事編集) http://yui3oyz.blog14.fc2.com/blog-entry-94.html

2010/10/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

祝・1周年

   ↑  2010/10/05 (火)  カテゴリー: 活動履歴
Twitterでつぶやいてみたんですが、反応ナッシングでちょっと凹んでるいんちきクリエイターです。
おやじ会のことを何回かに分けて、個人的な視点から書いてみようと思います。

先日行われたサツマイモ「大収穫祭」の日は「由井三小おやじの会」の誕生日でもありました。

思い起こせば、昨年の夏休み前に会長の味のある手書きちらしを読み(解読?)、気軽に提出したアンケート。
9月になり、そんな事すっかり忘れてたある日、会長から子供を通じてお手紙をいただきました。会長の熱い思いが綴られており、結びには「インフルエンザにはお気をつけ下さい」とありました。

その後、10月3日に図書室に集まれととのお達しが・・・。はっきり言って迷っていました。知り合いもいないし、一人でポツーンじゃなぁ~。

そんな迷いの中10月になり、体の節々が痛い。今日は早く寝よっ! で、夜中に目が覚めてみると体中汗びっしょり。ヤバいと思って熱を測ると39度近くありました。翌日病院に行くと、「ばっちり(インフルエンザの)陽性の反応が出てますよぉ。いやぁ、こんなに奇麗に出るのは珍しいなぁ~(看護士さんを呼んで)ほら、すごいでしょ!」病人を前に何はしゃいでいやがると思いつつ帰宅。当然第1回目の会合は欠席です。やっぱり年長者の言う事は聞くもんですね。

欠席しちゃったから、次回はお声がかからないだろう、と思っていたら、また、手書きの熱いメッセージが子供を通じて届けられました。じゃぁ、仕方ないから2回目は行ってみるか。

おそるおそる図書室に入り、自己紹介なんかしたりして。娘と同じクラスのお父さんが意外と多くて安心してみたり・・・。図書室では堅めの話が続き、ちょっと息苦しいかなと思ってもみたり。

そして、「じゃぁ、行きますか」ということで、いつしか第二会議室と呼ばれるようになる「天一坊」へ。
そこで他のおやじ達との距離が一気に近づきました。やっぱり「おやじ」です。基本「下(しも)」です。図書室ではみんな仮面をかぶっていたのです。

・・・つづく(かも知れない)

(記事編集) http://yui3oyz.blog14.fc2.com/blog-entry-93.html

2010/10/05 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。